秋の調べ🍁 ~ 壱拾弐 ~ ライブ イン ホープ FaceBook より抜粋

お月見 其の三

お月見の背景には、の満ち欠けが暮らしや

農作業に関わっていたいた事があるようです。

生命の満ち欠けへの連想から、

生命を繋いでくださった祖霊への感謝の気持ちもあったようです😌

雲などで中秋の名月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」

雨が降ると「雨月(うげつ)」と呼び、風情を感じます

10月31日

お月見と聞いて思い浮かぶのが、はもちろんですが、

「お供え物」があります😉

まず、月見だんご、そしてススキ、後は収穫した野菜や果物。

・だんごやお餅は、健康と幸せが得られるという意味だそうです。

十五夜では、十五にちなんで15個お供えします🍡

・ススキは、作物や子孫の繁栄を見守ってくださるの神様の「依り代」と考えられていたそ

うです🌾

十五夜を別名「芋名月」と呼ぶように、芋類の収穫を祝う行事でもあるため、

 里芋やさつまいもなどをお供えするようです🥔

このように、感謝と祈りがあるようですよ

11月1日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする