Go言語 PrintとPrintln #02

前回の Hello World をまた見てみます。

Go Playground で実行する

1行目は package の指定をします。main はプログラムを動かすために必要な名前です。
package aaaa や package bbbb など、任意の名前をつけるのは、パッケージを自作できるようになってから行います。

3~5行目で fmt という名前のパッケージをインポートしています。
パッケージとは、「便利な関数の集まり」みたいな意味です。
Go言語標準のパッケージや、どこかの誰かが作成したパッケージまでたくさんあります。

fmtパッケージのPrint関数とPrintln関数

インポートしたパッケージを利用する時は、パッケージ名.(ドット)の後に関数名を指定します。

Go Playground で実行する

Print関数とPrintln関数はどちらも画面に文字を出力するものですが、改行がないか、あるかが大きな違いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする