2018 春の色 弐

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

出会いの多い季節。

新社会人や進学など、新境地への旅立ちに、期待と不安😶

その旅立ちで有名な歌で、イメージ的には冬ですが、

「DEPARTURES」が思い出されます。

1996年1月1日に、globeが発表した歌です。

累計228.8万枚(オリコン調べ)も売り上げております。

松任谷由実「春よ、来い」も有名です。

1994年10月24日に発表し、大ヒットしました。

色々な春を感じさせてくれる、ピアノ🎹も美しい曲でした😌

2018/04/10

春の色と名づけたイメージ ①

やっぱり、ダントツで「お花見」かな?😉

この「お花見」では染井吉野(ソメイヨシノ)が連想されます。

ニュースなどを見ていると、「お花見」のマナーの悪さが浮き彫りになります。

見上げれば、綺麗な桜がありますが、物陰や足元にはゴミが散乱しております。

染井吉野は、江戸時代に品種改良された桜らしいですが、

その江戸時代の日本を見た外人は、

「ゴミの落ちていない、綺麗な国」と言われていたようです。

近年、いろんなマナーの悪さが出てきたようで

2018/04/12

春の色と名づけたイメージ ②

北海道の4月は、まだ冬の名残があります。

暖かい日や、雪の日もあります。

ストーブもまだ欲しかったりします。

山に近い民家では、キツネ🦊がよく歩いています。

しかし、キツネ🦊にはエキノコックスという寄生虫がついてるので、

エサをあげることも、触ることもダメです。。

かわいいけどね😉

あと、冬眠から覚めた😱

昔より、人里で目撃(糞だけもあり)される例が増えました。

2018/04/25