JavaScriptでBMIを計算

BMIとは1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です。
体重と身長の関係から算出される、人の肥満度を表す体格指数です。
BMIをJavaScriptで計算したいと思います。

BMIの計算式

BMI = 体重kg ÷ (身長m × 身長m)
身長と体重を入力して、チェックボタンを押して下さい。

身長
cm
体重
kg

ボディマス指数より参照

JavaScriptの解説

最初にお断り致しますが、プログラムは色々なやり方がありまして、必ずしもこの通りでなくても結構です。
以下はあくまでも例の一つです。もっと上手なやり方もあるかと思います。

HTML部分

HTML5のinput要素のrequired属性を使いたいので、formで囲っています。
required属性を使うと入力チェックを自分で書かなくてもやってくれるので、この方が楽です。
formにidを付けて、後で利用しやすくしています。
submitボタンを押したら、check関数を起動。またreturn false;を付けて、ページが遷移しないようにします。
数字しか入力されないように、HTML5のinput type=”number”を利用します。
それぞれのinputにidを付けます。
div id=”result”部分に結果を表示させます。

JavaScript部分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする