いわゆる「冷え」の対策

夏。冷房などの影響による「冷え」への対策も重要です。

「冷え性」という言葉を聞いたことがあるかと思います。その症状は主に3つの種類に分けられます。

その「冷え」への対策として「ツボ」の紹介をします。

<太衝> 親指で、揉むように息を吐きながら3秒離します。温めながら行うとより効果が見込めるため、お風呂で行うとさらに効果が期待できます。冷え以外にも、美脚や足やせ、むくみへの対策として、効果的らしいです。

<湧泉> 両手の親指を重ねて、しっかりと強く押します。息を吐きながら3秒押し、息を吸って3秒離します。ゴルフボールを踏むのも簡単で良さげです。生理痛や更年期障害など、血の巡り、循環不良にも効果的らしいです。

<三陰交> 両手の親指を重ね、少し痛いぐらい押す。息を吐きながらゆっくり10秒間押す。そして、息を吸いながら10秒離す。両足とも数回繰り返して行いましょう。

※ 食後のツボ押しは消化吸収の妨げになる可能性があるため、一時間程度あけたほうが良いようなので、気をつけましょう。

冷え性は女性が多いというイメージがありますが、男性にも十分になる可能性があります。乗り物や飲食店で「寒い」と感じた経験はあると思います。「常に疲れている気がする」「夜寝付けない」など、少しでもおかしいかな?と感じることがあれば、それは危険信号かも知れません。冷え性から、違う病気につながる可能性があるためしっかり対策を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする