Python3メモ③(変数、演算、input関数、キャスト、splitメソッド)

変数

変数とはデータを保管しておく箱のようなものです。

表示結果は a ではなくて
文字列
となります。

変数名に使える文字

変数名には、英数字と_(アンダースコア)が使えます。
変数名は、数字から始まってはいけません。
以下の予約語(既存のキーワードとして予約されているもの)は変数名に使えません。
[‘False’, ‘None’, ‘True’, ‘and’, ‘as’, ‘assert’, ‘break’, ‘class’, ‘continue’, ‘def’, ‘del’, ‘elif’, ‘else’, ‘except’, ‘finally’, ‘for’, ‘from’, ‘global’, ‘if’, ‘import’, ‘in’, ‘is’, ‘lambda’, ‘nonlocal’, ‘not’, ‘or’, ‘pass’, ‘raise’, ‘return’, ‘try’, ‘while’, ‘with’, ‘yield’]

データ型

CやJavaのように変数のデータ型を宣言する必要はありません。
変数に何のデータ型が代入されたのかをPythonは自動的に判断します。

データ型を教えてくれるtype関数を使ってみます。

<class ‘str’>
<class ‘int’>
<class ‘float’>

‘str’は文字列型
‘int’は整数型
‘float’は浮動小数点型

他にもデータ型はありますが、後述します。

四則演算

  • 加算は +
  • 減算は –
  • 乗算は *
  • 除算は /

9 + 3 = 12
9 – 3 = 6
9 * 3 = 27
9 / 3 = 3.0

  • 除算の余りは %

10 % 3 = 1

ちなみに、文字列に文字列を足すと文字列が連結されます。

文字列1 + 文字列2 = 文字列1文字列2

文字列に整数を掛けると、文字列が繰り返されます。

文字列 * 5 = 文字列文字列文字列文字列文字列

input関数

input関数はキーボード入力を受け付ける関数です。

数字を入力して下さい:1
1
<class ‘str’>

1 と入力してエンターキーを押しました。
変数 a に入力した値が格納されて、print(a) で表示させています。
type関数で a のデータ型を調べると文字列型になっていることがわかります。

input関数で入力したものは文字列型になる

数字を入力して下さい:2
222

2 と入力して、2 * 3 を計算するつもりでしたが、文字列なので 2 を3回繰り返しただけになりました。

キャスト

データ型を別の型に変換することをキャストと言います。
先程の 2 * 3 の計算をしたい場合は、文字列型を整数型に変換してから演算するとうまくいきます。

数字を入力して下さい:2
6

a = int(a) で型変換しています。

整数型と浮動小数点型が統一されていない場合、キャストしなくても浮動小数点型に変換します。

<class ‘int’>
<class ‘float’>
100 * 1.08 = 108.0

splitメソッド

splitは文字列を区切った単語を返します。
詳しくは後述しますが、input関数と合わせますと、複数の値を入力することができるので便利です。

数字を2つ(スペースで区切って)入力して下さい:10 3
10 + 3 = 13
10 – 3 = 7
10 * 3 = 30
10 / 3 = 3.3333333333333335
10 % 3 = 1

input関数で入力した文字をスペースで区切ります。
「10スペース3」と入力しますと、最初はリスト型(詳細は後述します)で返ります。→ [’10’, ‘3’]
Pythonはリストの要素ごとに左辺の変数に複数同時代入できます。
a と b は文字列型なので、整数型にキャストしてから、それぞれ演算しています。

今回はここまでです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする