Python3メモ④(文字列メソッドなど)

文字列の操作

文字列のスライス

文字列の一部分をインデックスで指定して取り出せます。
文字列が「あいうえお」の場合のインデックスの数え方(インデックスは0から始まります)。

(1)—————
あいうえお
(2)—————

(3)—————

(4)—————
いう
(5)—————
うえ
(6)—————
えお
(7)—————
あいうえ

ポイントは[2:4]のパターンの場合、[インデックス:インデックス-1]ということ。

文字列へのキャストは str関数を使用

15円

len()関数は文字列の長さを返します

5

主な文字列メソッド

詳しくは下記参照。
https://docs.python.org/ja/3/library/stdtypes.html#string-methods

replace

すのうち

strip

abcdefg000
000abcdefg
abcdefg

大文字小文字

Hello world
Hello World
hello world
HELLO WORLD

インデックスを調べる

-1
4
4

find で発見できなければ「-1」を返しますが、index で発見できなければ「ValueError」エラーになります。

左寄せ、右寄せ、センタリング

abcdef0000
0000abcdef
00abcdef00

10の長さで左寄せ、右寄せ、センタリングして、余りを0で埋める。

文字列の分割・結合

[‘3’, ‘名無しさん’, ‘2017/09/05(火)’, ‘2ゲット’]
3,名無しさん,2017/09/05(火),2ゲット

文字列を指定した区切り文字で区切ってリスト型にします。
join はリスト型を指定した区切り文字でつなげて文字列型にします。
リスト型については後述します。

文字列 in 演算子

True
False

True か False の値を持つ型は、ブール型(bool型)といいます。

改行、ヒアドキュメント

※バックスラッシュ「\」と円マーク「¥」は、フォントによって表示が違うだけで同じです。

こんにちは1こんにちは2こんにちは3
—————–
こんにちは1こんにちは2こんにちは3
—————–
こんにちは1
こんにちは2
こんにちは3
—————–
こんにちは1
こんにちは2
こんにちは3

今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする